2004年02月29日

招待状試作

土日の2日間かけて、招待状を試作。

kazoburoが土曜日だというのに朝からサーバ障害で会社に行ってしまったので、私一人で試し印刷。

まずはALPSのプリンタで金色印刷。
フラッシュゴールドは初挑戦だっただけど、その出来映えに大満足。

続いて、EPSONプリンタのセットアップ。先週購入した、PX-V600。セットアップマニュアルがCD-ROM版でで、ガイド式なので、ドライバインストールするにも、インクカセットの入れ方見るにも、順番に見ていかなきゃいけない。ちょと面倒。

テストプリント終了後、まずは出欠ハガキ印刷。
すごい綺麗!手作りじゃないみたい。(フォントのおかげかな?)

その後、封筒と中紙もテストプリント。どれも綺麗に印刷できて、嬉しい。

夕方、kazeburo帰宅後、楽紙館まで行ってカバー用紙を追加購入。
TAGで、60cmのスチール定規と封筒を購入。

夜、準備整えて、紙切りスタート。
まずはカバー用紙。kazeburoが約80cm × 60cmの紙を身を乗り出しながら、段ボールの上で四分割。私はその横でカットする数字の倍数の計算だけ。愛用EXILIM構えてたら、呆れられた。(ごめんね・・・)
千代紙も同じように切ってもらう。
次はそれを一枚ずつ切り離し。千代紙は紙切台のサイズでそのまま切れたので、さくさく進む。カバー用紙はkazeburoがサイズ測って、私がカット。また楽してるね。kazeburoありがとう。
手が疲れたけど、それぞれ40枚ずつできた時は、達成感が大きかった。

日曜日は午後からkazeburoが地図作り。

そしてトレーシングペーパーにテストプリント。
想像以上にきちんと印刷できてた。
ただ、乾くのに時間がかかったので、大量印刷するのは大変かな。

あと、プリンタが用紙を引き込むときに、どうしても斜めになってしまう。これのせいで、招待状の枠線が綺麗に重ならない。。。。うーむ。

まあ、とりあえず良しとしよう。
1セット作ってみて、いいカンジ具合に、二人そろってにこにこだった。

ウィングド・ウィールで、本番用にびーどろトレーシングペーパー50枚を注文。これが届いたら、いよいよ本格的に招待状の制作だ!!
posted by Kaori at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式まわりのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック