2020年04月07日

ひめぶろ 小学校入学

ひめぶろ、小学校に入学しました。

新型コロナウィルス対策で、緊急事態宣言が出るかどうかというタイミングではあったものの、
4/7の入学式と、4/8の始業式は行われることになった横浜市。
この状況で入学式を行うことにいろいろな考え方はあるでしょうが、
子供たち、特に卒園後の新1年生にとって、自分が所属する場所を明示されるというのは、
(この先どれだけこの状況が続くかわからないからこそよけいに)情緒面含めて意味があることなのではないかな、と思ったりしました。


保育園最終日が平日だったので、
翌日4/1から3日ほど、まずは学童生活がスタートしたひめぶろ。
この学童、ちびぶろのお迎えで、すでにひめぶろにとっては場所も先生方もお馴染みなうえ、
同じ保育園の子が何人もいるので、初日から楽しく過ごしていました。

そして週明けの月曜が入学式。
今年は桜の開花が早かったのに、意外と保ちが良くて、卒園式に続いて桜が彩ってくれた日でした。
小学校も、同じ保育園の子が何人もいるので、ひめぶろは式典前の待ち時間から顔馴染みの子たちと遊んでて、緊張した様子はまったくなく。
20200406_092536.jpeg

入学式は、保護者1名のみ参加可。
ひめぶろの強い希望により、参列はkazeburoだったため、
(何日も説得を試みたんだけど、折りあえなかった。。。。涙)
校内でどんなだったかはさっぱりわかりませんが、
本人の話や、わずかな写真からは楽しそうに過ごせたようで何よりです。


翌日は、始業式。
初日ということで、朝はちびぶろと、同じマンションの子と一緒に行くようにしたのですが。
家を出る時は、「お母さん、どこまで付いていけばいい?」「入り口まで!」とか言ってたのに、
友達と歩き始めたらどんどんペース速くなって、途中で「じゃーねー!」となりました。
あとでちびぶろに聞いたところ、「お母さんたちと別れたら、もう先に行っちゃって俺は何もしてない」とのこと。
学校には何度か付き添いで行ったことがあるし、友達もいるからというのもあるだろうけれど、
でも「今日はここまで、今日はここまで」で最後に一人玄関から出ていくところを見送ったちびぶろの時と比べると、逞しいなぁ、と思います。


…………とはいえ。
次に、こんな登校風景を見られるのは、いつになるかまったくわからない昨今の状況。
はやく、子供たちの登校が当たり前になってくれるといいなぁ、と切実に願っています。
 
posted by Kaori at 23:00| Comment(0) | 妊娠/出産/育児な生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: