2017年02月06日

絵本とおもちゃ整理 パート3:子供用の本棚

前回の整理記録から5年と3ヶ月。
おもちゃ類もさることながら、本がかなり増えました。
(主に絵本の定期便を送ってくれてたkazeburo実家のおかげです)
(当時の記録には、物の取捨選択、と書いてましたが、本は”捨”ができない。。。)
で、ちびぶろ8歳誕生日プレゼントの『日本の歴史』を置く場所が確実に確保できないので、ついに子供用の本棚を導入することにしました。

5年前はあんなにすっきり&余裕だったカラーボックスですが、最近はこんな状態になってました。

▼before
before_2017.jpg
電車類のカラーボックスはちびぶろ部屋へ移動し、その場所にひめぶろのおままごとキッチン
カラーボックスに入らない本は、私たちの本棚に入れて、季節や子供たちの興味に応じて定期的に入れ替え。
カラーボックスから追いやられたコットンボックスやその他のおもちゃは、反対側の壁際(写真右)に。


で。
反対側の壁の窓下に本棚を設置することに決めました。
本棚を選定するにあたっての最大の検討事項は、横幅をどれくらいにするか。
メジャー片手にkazeburoと悩み。。。
結局、かなり余裕めで、60cmと90cm、足して150cmにしました。
余裕、といいつつ、実際に本を入れてみたら思ったより……となる可能性も予想しつつ(我が家的によくあることw)
購入したのは、こちらの本棚。(1cmピッチ絵本本棚(ツボミファニチャー)


届いた本棚を、主にkazeburoが頑張って組み立てて、さっそく絵本と本と図鑑類を投入。
その結果、無事にすっきり収まりました。

▼after
after_2017.jpg

別の本棚に入れてた本を全部入れても、まだある程度の余裕が残ってます。
よかったー。
元の棚の方は、上下を入れ替えて、コットンボックスや他の外に出ていたものたちを収納。
おかげで床がすっきり。
これでまたルンバ対応もラクになりました。

今まで隠れていた絵本たちが出てきて、ひめぶろも楽しそうにあれこれ選んでいます。
ちびぶろの方は、今のところもっぱら、『日本の歴史』ばっかり。
本棚右側と壁の空いたスペースにこもるように座り込んで、読み込んでいます。
(なぜにああいう狭いところが好きなんでしょうね、子供たちは)

この本棚も、そのうちまたいっぱいになって溢れてくるんでしょうが。
それはそれで嬉しい悲鳴なので、またそんな日がくるまでは、当面これで様子を見ます。
 
posted by Kaori at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠/出産/育児な生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック