2005年01月03日

雪いっぱいのお正月

今年のお正月も、kazeburoとふたり、私の実家に帰っていました。

お正月に、旦那さんの実家に帰るか、奥さんの実家に帰るかって、なかなか微妙な問題だったりするのかな。特に、両方の実家とも遠い場合とか。
私も、去年の初めてのお正月のときには、”旦那さんの実家に挨拶に行く前に、私の実家に行ってしまってもいいのかしら?”ってちょっと悩んだ。
ただ、kazeburoの実家が静岡、私の実家が岐阜(の山奥)で離れているので、一度に両方に出かけるのは難しい。
結局、お正月は私の実家へ、次の3連休のときにkazeburoの実家へ行くことになってます。

-・-・-・-・-・-・-・-
で、12/30〜1/2まで、私の実家へ帰っていた間のまとめです。

31日の記事にも書いたけれど、電車で30日の夜に実家に着いて、次の日、大晦日にもかかわらず、さっそくスキー場に行ってきました。
私の実家からは車で40分くらいでスキー場に行けます。なので子供の頃からスキーには良く行ってたんだけど、社会人になってから始めたボードはまだなかなか・・・。去年から始めたkazeburoに追い付かれそう。。。
特に去年は結婚式の準備で全然滑りに行けなかったので、今年は行くぞ、と思ってたり。
30日まではあまり雪が降ってなかったので心配してたけど、31日の朝からたくさん降ってくれたので、滑るのには問題なし。
っていうか、寒かった・・・


午後には家に帰ってきて、おせち料理の準備。高校生の頃から、なぜか重箱に料理をつめるのが私の担当になっている。。。でも、嫁に行った娘に相変わらずその作業させるのってどうなの?
実家の飛騨地方では、1月1日よりも、大晦日の方が重視されていて、大晦日の日におせち料理を食べる習慣(でも、お雑煮は1月1日)。
お料理食べて、紅白とか見つつのんびりして、私は年越しをお風呂の中で迎えました(笑)。


夜が明けて、1月1日の朝。雪がけっこう積ってました。
雪景色(窓から見た景色)
で、朝7時に叩き起こされて、kazeburoは私の父親と、庭の雪かき。私も途中から参加。
暖かい地方育ちのkazeburo、一晩でこんなに雪が積ったのを見るのも初めてらしく、もちろん雪かきも初体験。
雪かき
スノーダンプ(という雪かきの道具)を持つkazeburo。腰が入っていません(笑)。
1時間以上もお疲れ様でした。


雪かきが終わって、ようやく外に出られるようになったので、お雑煮を食べた後は、近所の神社に初詣。
おみくじ
おみくじ、大吉でした。何か良いことあるかしら。


1月2日は、昨日までとは違って、綺麗に晴れました。
この日も、午前中だけスキー場へ。
快晴
携帯のカメラなのでちょっと分かりにくいけど、向こうの山までくっきり見えます(画面真ん中あたりの白いのが乗鞍岳)。

夕方16時には、駅へむかう。
私の妹の彼氏さんに車で送っていただいたんだけど、車内の会話で、kazeburoが妹に初めて「おにいさん」と呼び掛けられて、一瞬とまどっていました。
そうか、そういえば「おにいさん」なんだよね、とか思うと、なんか不思議な感じ。
でも、こうやって家族になっていくんだ、とかも感じる。
その後、妹の彼氏さんから「(妹の)お姉さん」と言われたときは、もっととまどいました。だって、彼氏さんは私より年上なんだもの・・・

帰りの電車(正確にはまだ電化されていない路線なので、ディーゼル車?)は、午前中のスキーの疲れもあって、私とkazeburo交互に爆睡。
名古屋からの新幹線もかなり空いてたし、去年の路線バスとは大違いで、スムーズに家に帰り着きました。
やっぱり、実家と比べると京都は暖かい。まわりがみんな真っ白の雪景色は、別の国みたい(笑)

posted by Kaori at 11:32| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚生活いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック