2009年02月25日

超スピード出産レポ

ふつう、初産婦の出産には、十数時間かかるものだと思っていましたが、私の場合、陣痛が始まってから生まれるまでに7時間しか、かかりませんでした。経産婦さんよりも早かったんじゃないだろうか・・・

そのときはとりあえず夢中だったうえに、すでに一部忘れかけているので、備忘録も兼ねて記録に残しておきます。
ちなみに、長い上に、多少痛い話や生々しい(?)話にもなるかもしれないので、興味のある方だけどうぞ。




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
25日夜の段階では、多少、子宮の下の方に降りてきてたものの、まだまだ元気にお腹の中で動き回ってたちびぶろ。
あと一週間で生まれてくるかな、という話をkazeburoとしてたのですが・・・

変化があったのは、翌26日未明から。
夜中3時半頃にトイレに行った後、なんとなくお腹が張るなぁと思いつつも、再び眠りかけたのが、その後も何回かお腹が痛くなるときがあった。
この段階では、まだ生理痛とそれほど変わらない痛みだったのと、半分寝ぼけてたので、「ひょっとして陣痛?」と気付いたのは、4時半頃。
それから改めて時計をチェックしてると、確かに10分間隔くらいで痛みがやってきてた。

5時過ぎに、とりあえず隣で寝てたkazeburoに「陣痛来たかも??」と伝えてみる。
ただ、この時もそれほど痛みがひどい、というわけではなかったし、まだ早朝だったから、”もうちょっと様子見て、病院に電話しよう”という気持ちだった。

6時頃、病院に最初の電話。
助産師さんからも「初産婦さんだし、もうちょっと痛みの間隔が短くなったらもう一度連絡ください」と言われたので、もうしばらく待つことに。
痛みは10分おきに定期的に来るものの、まだ強めの生理痛程度だったのと、夜中からぐっすり寝てなくて眠かったので、ベッドに横になったまま、うつらうつらする。

ところが、事態が動き出したのはその後。
8時くらいから、急に痛みが強くなりだした。
痛みの間隔は10分弱くらいのままだったけど、痛みの強さはひどい生理痛×2倍、くらい?声を我慢できずに、「うーーーっっっ」と唸り始めてしまう。
そして8時半くらいにトイレにいったら、多少出血してるのに気付く。
これはいよいよかも、と病院に再び電話しなきゃ、と思ったものの、その頃には更に痛みが強くなり、痛みの間隔も急に短くなりだして、電話どころじゃなくなってきた・・・

9時頃、会社を休むことにして家に残っていてくれたkazeburoが、代わりに病院に電話。
この頃には私は、ベッドに横になったまま、唸るどころか「痛い痛い痛いーーーーっっっっ!」と叫び出してました。
痛み方は、ひどい生理痛×3倍+膣から何かが出てきそうな感じ?
この叫び声が電話越しに聞こえたのか(苦笑)、「すぐ病院に来てください」ということになりました。

とはいうものの、痛みはもう5分間隔くらいで、なかなかスムーズに動けない。
何とかパジャマを着替えて、入院用の荷物を持って、kazeburoが呼んでくれたタクシーに乗るために家を出たのが、10時頃。。。。

家から病院までは、タクシーで15分ほど。
タクシーの中では、とりあえず叫び声は我慢してた(ハズ)ものの、後部座席に横になったままずっと唸ってました。
この頃には、痛みは2〜3分間隔で、もう痛いというよりは、何かが出てくるのを必死でこらえている状態。
病院に着いてタクシー降りたところでしゃがみこんでしまったら、タクシーの運転手さんが病院スタッフさんに声かけてくれて、車椅子で運ばれることに。(あのときの親切な運転手さん、ありがとうございました)

車椅子に乗せられたまま、分娩室に直行。
このとき、10時20分くらい。
分娩用の服に着替えさせてもらって、分娩台に上がって、最初に様子を見た助産師さんから「もう髪の毛が生まれてるよ」と言われて、びっくり。
お産ってもっと時間がかかるものだと思ってたので、そんなに進んでいるとはまったく思ってませんでした。
余談だけど、そう言われて、”髪の毛があるってことは、やっぱりkazeburoに似てるんだ”と、頭のどこかで冷静に考えてましたw


それからは、ほんとうにあっという間。
助産師さん達がばたばた準備をしているところに、外来診療中だった産婦人科医の先生が駆けつけてきて、(たぶん会陰切開されて)、ほんの数回いきんで、何かの固まりが出ていった、と思ったら、「んぎゃーっっ!」という泣き声が聞こえた。
このとき、10:53。
陣痛が始まってから、7時間と少し。
その瞬間は『え?あれっ??生まれた・・・???!!!』という感じでした。
でも、全身に力を込めて元気に泣いている赤ちゃんを見て、泣き声を聞いているうちに、無事に間に合って生まれてきてくれたんだ、という気持ちが沸いてきた。ずっと側についててくれたkazeburoも涙ぐんでいた。

その後、赤ちゃんは体重等を測定するために別室へ。kazeburoもあかちゃんについていく。その間に私は産後の処置。
もっとも、私は夢中だった反動でかなりぼーっとしていて、とりあえずお腹の上に乗せられたアイスノン?が冷たくて寒かった、ということくらいしか印象がない。

30分くらいして、産着にくるまれたちびぶろと kazeburoが分娩室に戻ってきた。
まずは助産師さんがちびぶろを私の胸の上に乗せる。ちょこっと母乳が沁み出してた乳首をくわえさせると、飲むというよりは舐めるという程度だけど、それでもちゃんと吸い付いてくる。
まだほんとに小さくて軽くてふにゃふにゃしてて弱々しいのに、ちゃんと生きてるんだなぁ、というのが、すごく不思議。
更に、ほんの少し前まで、この子が自分のお腹の中にいて、ここまで育っていたということは、もっともっと不思議でした。

ちびぶろは乳首はすぐに離してしまったけど、その後しばらくは抱っこしたまま。
2時間たつまでは分娩室で様子を見る、といいつつ、助産師さんたちもいなくなってしまったので、しばらくの間、kazeburoと3人でゆっくり(ぼんやり?)過ごす。

やがて分娩から2時間たって、特に問題もなさそうなので、病室に移る準備。
ちびぶろはkazeburoに預けて先に病室へ。私も身支度を整えてもらってから移動。お産が軽かったせいか、たいして体力を消耗してなかったみたいで、普通に歩いて移動しました。

この病院では出産直後から完全母子同室。
ベッドの脇には、新生児用の透明なカゴ(ケース?)に入ってすやすや眠ってるちびぶろ。
体温がちょっと低いからということで足元に行火を入れられてたけど、穏やかな寝顔を見てると、ようやく『産んじゃったんだなぁ』という実感が出てきた。

その後、13時を過ぎてたけど、まだお昼ご飯を残しておいてもらえたので、まずは昼食。朝ご飯食べてる余裕なかったし、かなりお腹が空いていたので、出産直後にもかかわらず、しっかりいただきましたw。
それから、病院に来たときは余裕がなかったので、改めて入院の手続きとか、入院中の説明とか、おむつの替え方とか、母乳の飲ませ方とか、少しずつ聞きながら午後を過ごす。
身体はさすがに疲れてたものの、精神的にはまだ高揚してたみたいで、ベッドに横になってもあまり眠くなくて、夕方くらいからあちこちに出産報告のメールを送ったりしてました。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
こんな感じで、かなりばたばたしつつも、かなり短時間で、無事にちびぶろの出産は終わりました。

お医者さんや助産師さんには、分娩室にいる頃から入院中もたびたび、「もっと早く病院に来なきゃ」とか(いや、でも、もっと後に来いって言ったのはそっちでしょう・・・)、「二人目産むときは、すぐに病院来て」と言われました。
私の母親や妹も結構短時間のお産だったらしいので、私もそんなに時間かからないかなぁ、とは思っていたけど、まさかここまで早いとは。。。
ほんとに、二人目を産む機会があれば、気を付けよう。。。


しかし、振り返ってみると、陣痛が始まったのが月曜日の早朝、kazeburoが家にいる時間帯で、本当に良かったなぁ、としみじみ思います。
もしこれが昼間私が家に一人でいる時だったら、どんな事態になっていたことか。
病院にもたどり着けず自宅で産んでたり、最悪、夜kazeburoが帰ってきてみたら冷たくなった2人が転がってたり・・・とか、考えられないこともない。
かなり心配させてしまったけど、ずっと側についててくれて、いろいろ手配してくれて、本当にありがとうね、kazeburo。

posted by Kaori at 15:29| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 妊娠/出産/育児な生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして〜☆
少し前からお邪魔させてもらってます!

出産おめでとうございますグッド(上向き矢印)
あたしの職場はNICUなので、お産は身近なもので「あ〜分かるな〜」と読んでましたわーい(嬉しい顔)本当お疲れ様でした!
Posted by Skyblue at 2009年02月27日 11:40
私も初産のとき、破水したんですが、本格的に陣痛はじまってからは6〜7時間くらいで出産しました。早いほうなんですよねー。
下の子はもっと早かったです。
3時間かからなかったかなー。
安産が一番です。よかったですね☆
痛みを思い出しました。。(^-^;)
Posted by あおい at 2009年02月27日 22:45
> Skyblueさん
コメントありがとうございます!
病院にお勤めなんですね。お医者さまや助産師さんには、本当にお世話になりました。
新米ママには、頼りになる存在です〜

> あおいさん
あおいさんも出産早かったんですね。
確かに、安産で何よりでした。
たまちゃんは3時間。。。私も二人目のときはそれくらいなのかも。

Posted by topaz at 2009年03月02日 19:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック