2018年05月20日

ひめぶろ 初入院&手術

ひめぶろ、先日、鼠径ヘルニアの治療のために、初めて入院&手術をしました。
(というか、出産時以外では、家族の中でも初めて)

最初に異変に気付いたのは、昨年の夏頃でした。
右足の付け根よりも上あたりが、小さな卵のようにぽこん、と飛び出していて、
日によって出っ張りが目立ったりそうでもなかったりで様子見してたものの、
治る様子もなかったので、近所の病院で診てもらったところ、「鼠径ヘルニア」とのこと。

まったくそんな予想をしていなかったので多少驚きつつも、
緊急ではないものの、できれば手術で治した方が良いとのことだったので、
大きな病院を紹介してもらいました。

で。
大きな病院でもわりとすんなり診てもらえて、
当初は11月に手術する予定だったのですが。
いざ入院当日、風邪症状がけっこうあるから、と入院取り消しになり。。。

改めてセッティングされた2月には、
術前検査の直前でインフルエンザにかかって再び延期になり。。。。

当初予定から半年もたったこの5月、3度目の正直でようやく実行できることになりました。
(2度あることは3度あるにならなくてよかった)


鼠径ヘルニア自体は、小さい子にわりとよくある症状らしく。
病院も子ども専門のところで、
手術自体は30分程度ということで、そこまで大きな不安はなかったのですが。
手術日の前後も含めて、入院は2泊3日。
しかも夜は大人の付き添いなし。ひめぶろ一人で入院ということで、どちらかというとそのことの方が心配ではありました。

幸い、夜はひめぶろが寝るまでは付き添っていられたので、なんとかなったかな、と。
手術自体は麻酔がかかっていたのですが、やはり麻酔が切れたあとしばらくは痛みがあったようで、
また、朝は面会の時間までは心細かったと思うけれど、
ひめぶろは、本当によく頑張りました。

おかげさまで、鼠径部のでっぱりはきれいに治り、傷跡もほんの小さなものがいくつかあるだけで、かなり目立たない感じです。
これで、よけいに何度も病院に通うこともなくなり、いろいろとすっきりしました。


 
posted by Kaori at 23:00| Comment(0) | 妊娠/出産/育児な生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする