2016年04月25日

ひめぶろ 満3歳

ひめぶろは満3歳を迎えました。
この1年も大きな病気も怪我もなく、健やかに育ってきてくれてありがとう。
毎日楽しく暮らしていられるのも、関わってくれてる周囲の皆さんのおかげです。
こちらもありがとうございます!


さてさて。
最近の様子は。。。。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

<3歳のメモ>

・身長:94.2cm(1年で+9cm)
・体重:14.7kg(+2kg)
・服のサイズ:90〜100
・靴のサイズ:15〜16cm
---------------
【好きなモノ、コト】
・おままごと(手順説明したり、家族分ちゃんと並べたり、みんなの呼び方が私の言い方そっくりだったり……^^;)
・絵本(『せんろはつづく どこまでつづく』『まよなかのだいどころ』『しょうぼうじどうしゃ じぷた』他、ちびぶろが読んでた絵本は満遍なく。その他、『まんげつの夜までまちなさい』『ゆうびんやさんおねがいね』『おしいれのぼうけん』『ふたりはともだち』とかのかなり長めの本もけっこう聞いていられる)
・歌、手遊び(保育園で覚えてきたのを、よく自分でもしてる)
・レゴ(3歳の誕生日プレゼントに、ひめぶろ用に小さいボックスを渡しました。簡単な形を作ることも増えてきました)
・電車(同じクラスの電車好きな男の子とも話が合うようです。。。)
・『ちいさなプリンセス ソフィア』(ようやくちょっとこういうのにも興味を持ち始めました)
・イチゴ、みかん、根菜・豆系
・お兄ちゃん! (相変わらず喧嘩も負けてないけどw)

【嫌いなモノ、コト】
・ピーマン、パプリカ

【言葉】
・もうすっかり言葉でコミュニケーション取れるようになってきました。「●●だから、□□なの」とか「△△は、◆◆なんだよね」「ひめぶろちゃんは、おにーちゃんのいもうとなんだよねー」とか、いっちょまえです。そして家族の口調を真似することも増えてきました^^;
・自分がしたことだけじゃなくて、友達とどうしたとかも話してくれるあたり、他者とのコミュニケーションはちびぶろよりも活発そうです。

【動き】
・ジャンプもぴょんぴょんできる。
・スキップっぽい動き(縦方向にステップ)もできる。
・階段の上りは、交互に足が出ることが増えた。下りもときどき手すりに掴まらず下りる(怖い…)
・鉄棒にぶら下がっていられる。
・チョキはできるようになった。指3本はまだちょっと難しい。
・保育園からの帰り道を歩ききれるようになった。

【身の回りのこと】
・食事:お箸も使えるけど、ときどきまだ手がでることもある。
  :相変わらず、親の膝に座りたがり、食べるペースもマイペースにゆっくり。。。
・うがい:吐き出すことはできる。
・トイレトレーニング:まだまだ気配なし。トイレには喜んで行きたがるけど、まだ家でできたことはないし、小の方は出たことも教えてくれない。
  :でも、保育園の友達がアナ雪のパンツを履いてたらしく、自分も履きたい! と言い出したので、そろそろかな。。。
・着替え:家ではやってもらうのを待ってるモードだけど、その気になればだいぶ一人でできる。ボタンも止められる。
・名前、年齢:自分のフルネームは言える。年齢も誕生日が来て「3さい!」と言えるようになった。
・文字:”字”というのを認識し始めたところ。数字は1、4はわかる(マンションのエレベータの階数)
・お絵描き:だいぶ濃い線が描けるようになってきた。点線、線、丸…など、いろいろ描ける。

【意志】
・ちびぶろには負けてない。ちびぶろがやることは、なんでもやってみたい。よく競い合っては喧嘩になってる。
・「やだよ」と言ったり、呼ばれても知らんぷりして遠くに行ったり、怒られてもへらっと笑ってみたり、と、主張が強くなってきた。まあ、でも、ちびぶろ同様に「魔の2歳児」といわれるほど大変な感じはしない、かな?
・ちびぶろと違って、保育園とかでおもちゃ取られたりしたら、負けずに取り返しにいく。
・下のクラスの子たちは「赤ちゃん」と読んで、自分がお姉さんだ、という意識は強い。(下の子たちが見てる場では、一人で靴下履いたりするw)
・相変わらず、「お母さんがいいの!」な時が多い。(私がいなければ、お父さんでも全然平気なのに)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
などなど。

成長すればするほど、ちびぶろとの個性の違いも見えてきて、
本当に、面白いなあ、と思います。
 
DSC06273.jpg
GWにkazeburo実家に行く予定なので、ひとまず前日の日曜日に、家族だけでお祝い。
posted by Kaori at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠/出産/育児な生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

LEGO WeDo 2.0が来てから3週間

レゴでプログラミングが学べるという LEGO WeDo 2.0 が我が家に来て3週間と少し。
時間に余裕のある週末しか触ってないので、実際には数日程度の使用ですが、使ってるちびぶろの今の様子をまとめておきます。

まずは製品が発表された段階で、
レゴ大好きな子供たち&kazeburoかつ、私たちの仕事内容的にも、これは欲しい! ということで、(正直なところ、かなりいいお値段ではあるものの)予約受付始まったら、kazeburoがすぐに申し込んでいました。

さらに。
発売日の1週間前、春休みの初日というちょうど良いタイミングで、このLEGO WeDo 2.0を体験できる親子イベントがあったので、こちらにも参加。
ワクワク全開でイベントに向かったちびぶろ(&kazeburo)。楽しんで来たようで、「早く家にも届かないかなー」と、本体の到着を心待ちにしていました。

そして、いよいよ発売日。
夜に届いたので、その日はなんとかちびぶろを我慢させ、翌土曜日に満を持して開封。
体験イベントで既に基本的な操作は理解しているので、さっそくiPad傍らに組み立て始めて、動かし始めました。

legowedo_1.jpg
legowedo_2.jpg

ブロックの組み立て

大きなレゴのセットも最近では一人で組み立てられるちびぶろにとっては、これくらいのパーツ数はあっという間。
iPad上の組み立て図を見ながら、サクサク作っていきます。

iPadのアプリ

体験イベントで一度やっていたからか、基本的な操作はまったく迷う様子もなく。
特に説明しなくても、命令ブロックをぱぱっとつなげて、実際に動かしてみて、命令通りに動くのを見て歓声あげてます。
手元でちょっと設定を変えて、それをすぐに動作確認できる、試行錯誤が手軽にできるのがいい感じ。

親目線で個人的に良いと思うところ

iPadとつながるケーブルなし
ワイヤレスで操作できるので、床の上を長く走らせたりとかの取り回しがしやすくて良い

片付けボックス
そのうち、手持ちのレゴと組み合わせてどんどん新しい物を作っていったらいいと思うんだけど。
現時点ではまだ、うっかり他の大量のパーツと混ぜちゃうと分別が困難なので、専用のボックスがあるのは助かる。

音が鳴るのはiPadから
スマートハブ本体にはスピーカーはなくて、動作音系はすべてiPadから出力される。
つまり、iPadで音量コントロールできるのが、地味に助かる。
子供の音が鳴る系オモチャって音量調節できない(しかも煩い)モノが多いので、ありがたい。


しばらく使ってみて

最初のうちは、アプリ内にある基本のプログラムを元にして、
ちょっと速度や時間を変えたり、音を変えたりする程度で満足していたのが。
kazeburoに「“●●したら△△する”ってできる?」って投げかけられると、
ちょこっと考えて、さくっと指示ブロックを組み替えて動作させるようになりました。
「何かを見つけたら止まる」というのを「ぶつかったら止まる」にしたり、「見つけたら音を出す」にしたりする感じ。

そのうち自分から「”◯◯したら■■する”ようにしたい!」と組み換えるようになってきました。

私「こういうのがプログラムっていうの。難しい?」
ちびぶろ「ううん。簡単。面白い!」
私「お父さんの仕事も、こういうのをもっと難しくした感じなんだよ」
ちびぶろ「へー!」
と、親の仕事をちょっとは身近に感じられるようになったかもしれません。


まだまだ動かす方ばかりで、プレゼン機能の方はまったく使ってませんが。
昨年夏のYAPC会場で、kazeburoと一緒にステージに上がったことが印象に残ってたみたいで、
「僕もWeDoで発表したい!」と言ってました。
なので、buildersconで?? 親子一緒に発表するときがくるかもしれません(笑)




ちなみに、ひめぶろの方も、WeDo 2.0の動くパーツ類には興味津々。
もちろんまだよくわかっていないものの、iPadで何かすると、レゴが動く、というのは理解しているようです。
また、iPad側のマイクで録った音を、操作音として鳴らせる、ということは学習したようで。
ちびぶろと一緒にiPadに向かって「あーーっ!!」とか叫んで。
それをちびぶろにプログラミングしてもらって、自分の声が鳴るのを楽しんでいます。
そのうち、ひめぶろも使うようになるのかな。
(今は、ようやく意図を持って、デュプロやレゴで形を作り始めたところですが)
 
 
posted by Kaori at 02:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 妊娠/出産/育児な生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする