2016年03月18日

休日1時間で、平日夕飯の下準備を済ます、我が家のタイムテーブル

4年も前の記事なのに、未だにかなりのアクセスがある「休日1時間下準備&平日15分で、我が家が夕食支度を乗り切る方法 」。
私自身、家族が増えたりなんだりで多少のアレンジはあるものの、基本的にはこの方法で日々の食事を乗り切ってます。

で、「手際が良い」というコメントをもらってたので、休日の下準備を、実際にどんな手順で作業してるかをタイムテーブルにしてみました。

作るものは以下を想定。
  • お味噌汁用の冷凍:根菜系は出汁で煮て冷凍。キノコ系は切っただけで冷凍。
  • 副菜1:根菜系の煮物。
  • 副菜2:レンジで加熱して味付ける系の、お手軽和え物
  • 平日用主菜:鶏肉と豚肉の2種類。(魚の場合もあり)
  • 当日夕飯用:ご飯、味噌汁、主菜(肉と野菜で炒める系)


「当日夕食用」「平日用」「両方」の作業によって色分けしてみました。
ざっくり5分単位で、トータル1時間程度の作業。
timetable.png

クリックで拡大



手早く済ませるコツ的なものとしては、
・同じ種類のものは、一度に切ってしまう。
 →例えば、味噌汁と副菜と当日メインに人参を使うのであれば、最初に3パターンまとめて切っておくとか。
・アクが少ない野菜→濃い野菜→油物→肉系に切る。
 →まな板・包丁を洗う回数を減らす。汚れも落ちやすいものから。
・待ち時間(煮てる/焼いてる/レンジの間)に他の作業をする。
 →待ち時間に他のものを切る、洗う、など。
あたりかな。
で、この辺を実行するためには、用意始める前に、一連の手順をある程度目星つけておく必要があります。
私の場合は、夕飯準備始める前に、頭の中でざっと流れを組み立ててから開始します。
段取り大事。


まあ、実際には、これらの作業の合間に、
子供たちがやってきたり、騒いでたりで、もうちょっと時間がかかってしまうことも多いですが。
土日のどちらかでここまでやっておけば、もう1日の夕飯時には、副菜を1、2品作ればよいのでラクできます。

そろそろ、育休復帰を迎える方も多い時期だし、どなたかの参考になれば。


<WM系で関係ありそうな記事>
休日1時間下準備&平日15分で、我が家が夕食支度を乗り切る方法
小学1年生と2歳児がいる平日のタイムテーブル
 
posted by Kaori at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚生活いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする