2015年08月31日

2015夏休み ちびぶろ宿題事情

ちびぶろ初の夏休みは26日まで。
振り返ってみたらあっという間に終わってしまいました。

夏休みといいつつも、平日は学童に通っていて、基本的な生活リズムは変わらなかったのと、
学童で日々いろいろなイベントが企画されてたりもして、
自分の子供の頃のような、だらっとのんびり過ごす、という夏休みではなかったのが、
いいんだか悪いんだか……とは思いつつも、
ちびぶろ自身はこれが初の夏休みで、彼なりにこういうものとして楽しんでいたようなので、まあ良いのでしょう。


で。
夏休みといえば、宿題。

私自身は、プリント系は7月中に片付けちゃうのに、工作と習字だけ最後1週間、といタイプでした。
一方のちびぶろは、わりと真面目で、「宿題どうやってやろうか?」と聞いてみたら「毎日1枚ずつプリントやればいいんじゃない?」と答えるようなタイプなので、そこまで心配はしていなかったのですが。
とはいえ、親側がざっくり見通しを立てたいこともあって、初日にざっくりと夏休みの予定表的なものを作ってみました。
IMG_1774.jpg
宿題の内容を紙に書き出して、カレンダーに、いつ何をするかをちびぶろに書き込んでもらいました。
まあ、別にこの通りに進めなきゃいけないと言うつもりは全然ないんだけれど、
この表を作ったことで、ちびぶろも宿題のボリューム感とかを把握できたようです。


IMG_1865.jpg
で、結果的に。
終わった宿題は塗りつぶす方式で、残りタスクと進捗を視覚化しておいたからか、
予定通りには進めなかったときも、「あと○と△が残ってるね」と言いながら、ちびぶろ自身で予定を組み替えて進められていたので、よかったのかな、と。

また、この表を作ったことで、私とkazeburo間でも、宿題内容と進捗を簡単に共有できたので、よかった。
来年は、宿題リストの表をちびぶろが自分で作れるようになってればいいなぁ。


IMG_1866.jpg
それから、ちびぶろは必須の課題以外は、特に進んで作文やらポスターやら工作やらはしなかったのですが。
でもこの夏の間、自分の好きなテーマ(古代生物や深海関連)の知識をますます深めて、いろいろ工作したりしていたので、せっかくだからそれを写真に撮ってミニアルバムにして提出するようにしてみました。
(作成してたカンブリア期の海中の様子は、1m四方の大型で、持っていけないから、というのもある)
評価されるかどうかはわからないけれども、アルバムそのものをちびぶろが喜んでいたので、まあ、こちらもそれで十分でしょう。


こんな感じで、宿題に限らず、それなりに充実していた夏休みだったのかな、と思います。
 
posted by Kaori at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠/出産/育児な生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

2015夏休み 初ひとりお泊まり

ちびぶろの学童にはお盆休みがあることに気付くよりも先に、夏休みの予定を決めてしまっていた我が家。
追加で3日も休むのはなぁ…と思っていたところ、kazeburo実家から泊まりにおいでとお誘いがあったので、行ってきてもらうことにしました。
12日朝にkazeburo父にお迎えに来てもらい、3泊して、15日土曜に送ってきてもらうスケジュール。

ひとりで泊まるのはもちろん初めてのちびぶろ。
最初はひとりということにかなり渋ってたものの、いつの間にかかなり楽しみに待つようになっていました。

親として、kazeburoは多少心配していたものの、私の方は、「途中で帰りたくなっても迎えに行ける距離じゃないし、これも経験だから行っておいでw」という気持ちだったのですが。
でも、いざ当日、“楽しそうに出かけていった”という報告をもらったら(私は先に出勤してたので)、ちょっぴり寂しい気持ちになったものです。


で、実際のところは。
一度も帰りたいと言い出すこともなく、祖父母&お盆休みで帰省してた叔母さん(kazeburo妹さん)&伯父さん(kazeburoお兄さん)ととても楽しく過ごしてきたようです。
水族館行ったり、遊覧船乗ったり、富士山の洞窟探検したり、工作したり、花火したり、と夏休みらしい体験をいろいろさせてもらったよう。
帰ってくるなり、作ったものや行ってきたところのパンフレットとかを見せながら楽しそうに教えてくれました。
ほんの4日だけど、なんだか表情もちょっと誇らしげで自信ありげな様子。
良い経験になったようで、良かった良かった。
kazeburo実家の皆さん、本当にありがとうございました。


ちなみにその間のひめぶろはというと。
初めての両親独占を満喫しつつも、ときどき「おにいちゃんはー?」「おにいちゃん、いないのー」と戸惑った様子のときも。
ちびぶろのそばにいれば、わりと長く続く一人遊びも、なんだか落ち着かないのかすぐにこちらに寄ってきてしまう感じで。
やっぱり、ひめぶろも寂しかったのかもしれません。
もう少し大きくなったら、今度は兄妹のふたりでお泊まりに行けるといいかな。
 
posted by Kaori at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠/出産/育児な生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

2015夏休み 南紀白浜旅行

今年の家族夏休みは、例年よりひと月ほど早く、8月初旬に取得。
小学校スケジュールを考慮しつつ、お盆時期をずらすと、今後はこのタイミングになりそうだなー。

今年は、二泊三日で和歌山の南紀白浜まで行ってきました。
メイン目的は、動物園(というかパンダ)だったのですが、
プールに観光に、家族みんな、楽しめた3日間でした。

初日:8/2
昼前に南紀白浜空港に到着。
空港のレストランでのんびりお昼ご飯を食べてから、旅館のチェックインまでの間に、1時間半ほど、観光タクシーで近隣を案内してもらう。
平草原公園の展望台(ちびぶろ、大きなマツボックリ拾ってご満悦)→三段壁(ここでひめぶろが寝る)→千畳敷(ひめぶろ寝たままなので、kazeburoとちびぶろだけ下まで降りる)→円月島→周辺ぐるっとまわって、白良浜の旅館まで。
宿泊は、白良荘グランドホテル。白良浜隣接で、とても景色の良いところでした。
IMG_3653.JPG

チェックインまでの待ち時間を妖怪ウォッチのスタンプラリーでつぶし、チェックイン後にさっそくホテルのプールへ。(真横にある海へは、いまだちびぶろが行きたがらず…)
1時間ほど遊んで、温泉へ。ひめぶろは、今回も温泉はちっとも怖がらず。それどころか、あっちも入る! あっちも入る! と、いろんな湯船を堪能してましたw
遅めの夕食途中で、ちびぶろはエネルギー切れて沈没。一方、昼寝したひめぶろは元気で、途中で始まった花火にも動じず、食べ過ぎるほど。
それでも、部屋に戻ったらすんなり寝てくれたので、私はふたたび温泉に入ってから、1日目は終了。

2日目:8/3
2日目は、早めに朝食を食べて、アドベンチャーワールドへ。
到着が開園直前だったので、ゲートの前にちょっとした列ができていましたが、覚悟していたほどの混雑はなく入園できました。
まずはサファリパークのツアー予約を取って、それから双子の赤ちゃんパンダを見学。
大人パンダは寝てばかりなのに、子ども(とお母さん)だからかもきゅもきゅと動いてて、可愛かったです。(ちょっと待ちくたびれたひめぶろのみ、感動が薄かったですが^^;)
DSC_0880.jpg

その後、オープンタイプの2階建てバスで、サファリツアー。かなり暑かったけど、いろんな動物たちをじっくり見られて、子供たちも私たちも大満足。
DSC_0893.jpg

お昼を食べた後は、ひめぶろが寝てしまったので、軽く遊園地ゾーンで遊び。
休憩後に、イルカショーを見て、もう一度サファリの中を別の乗り物で回って、大人パンだを見て、お土産物色して、夕方までたっぷりと遊んできました。
旅館に戻った後、砂浜近くのたこ公園でちょっと遊んで、また温泉に入って、夕食食べて、この日は部屋に戻って、みんなすぐに寝てしまいました。

3日目:8/4
最終日。
前夜早かった分、ちょっと早めに起きて、私とkazeburoは交代で温泉へ。
その後、ゆっくりめに朝食を食べて、10時ぎりぎりにチェックアウト。
飛行機までしばらく時間があったので、白良浜へちょっと散歩に出掛けてみたものの、暑さで早々に退散し、ホテルロビーの売店を眺めたりして過ごしました。
その後、空港に移動し、お昼の便で無事に羽田まで戻ってきました。


今回は、それなりにいろんなところでいろんな物を見たり遊んだりした旅行でしたが、
ひめぶろもかなりいろんなことを覚えていて、「○○見たねー」「お風呂はいったのー」などと、帰ってきてからも話してくれてます。
ちびぶろも、夏休み絵日記のもう1枚を、楽しく埋めることができました。



……しかし。
これからまだまだ暑い日が続くというのに、例年よりも1ヶ月も早く夏休みをとってしまい。。。
今年の夏は、長くなりそうです。。。
 
posted by Kaori at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族でおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする